社員インタビュー

M. F. 2018年入社

学生時代はどんなことをやっていましたか?

大学では経済学を専攻しており、主に統計学を学んでいました。
ゼミでは中国を中心としたアジア経済をテーマとし、
ディベートやプレゼンテーションの研究を行っていました。
サークル活動は、「よさこいソーランサークル」に入っており、
地域ボランティアにも参加していました。
アルバイトは、家庭教師を1年半ほどしていました。

どうしてITエンジニアになろうと思ったのですか?

学生のころから、多くの業種に関わる仕事をしたいと思っていました。
業界について勉強していく中、IT業界は実にさまざまな分野の仕事に
携われるということを知り、それがきっかけで
ITエンジニアを目指そうと思いました。

どうしてTSCに入社しようと思ったのですか?

2つあります。1つ目は、会社説明会に参加したときに、
TSCが多種多様なシステムの開発に携わっていることを知り、
自分がやりたかった「さまざまな分野」の仕事に
関わることができると思ったからです。
2つ目は、会社の座談会に参加したときに、
目標を掲げて頑張っている先輩社員の話を聞くことができ、
「こういう先輩がいる会社で働きたい」と思ったからです。

今はどのような業務に携わっていますか?

官公庁のシステムに関する開発/評価に携わっています。

業務ではどんなところが大変ですか?

文系出身ということもあり、プログラムの勉強をはじめて
まだ1年経っていません。そのため、大変なことも学ぶことも多いです。

たとえば、プログラムの修正方法を模索し、
うまく修正できたつもりでいても、
関連する機能に与える影響までは考慮することができず、
やり直しになったこともあります。

また、システムを利用するお客さまにプログラムの変更点を説明する場合、
お客さまはプログラムに関する用語を知らないことがほとんどです。
そのような場合、ふだんエンジニアが使う
“データベース”や”クラス”といった用語を使っても伝わりません。
お客様には伝えるには、工夫が必要です。
そのあたりを考えることに、まだ難しさを感じています。
考えに詰まった場合は、先輩にアドバイスをもらっています。

どんなことにやりがいや達成感を感じますか?

1つ目は、プログラムが期待どおりに動いたときです。
抱えている問題を修正できたとき、やりがいと達成感を感じます。
2つ目は、プログラムの構造や、データの流れが理解できたときです。
「わからないことが、どんどんわかってくる」感じがいいですね。

仕事に関して自分の「こだわり」があることを教えてください

「任された仕事は最後までやり遂げる」です。
例え地味に思う仕事であっても、やり遂げることで
小さな信頼を積み重ねるようにしています。

今、興味を持っていることは何ですか?

データサイエンティストに興味があります。データ解析の分野で、
大学で学んだ統計学の知識を活かしてみたいと考えています。

入社当時と今で、一番自分が変わったことは何ですか?

1つ目は「なぜ?」という疑問や思いを持ちやすくなったことです。
入社前に比べ、「考える習慣」が付くようになりました。
2つ目は「ものごとをプラスに受け取れるマインド」が身に付いたことです。

休日はどのように過ごしていますか?

読書をしたり、ジムに行って体を動かしたりしています。
体を動かすのが好きですね。ジムほどの頻度ではありませんが、
ボルダリングにも挑戦しています!

心を動かされた本や映画、音楽について教えてください

本では、池井戸 潤の「鉄の骨」に感動しました。
仕事に対する考え方として、胸に刺さる言葉がありました。
この本に出会えたおかげで、「今あるチャンスを活かす努力をしよう」
と思えるようになりました。最近は昼休みも読書に夢中で、
読書で眠気が覚めたりします(笑)

映画では「ボヘミアン・ラプソディ」が好きです。
フレディー・マーキュリーの、決して妥協しない強さ
そして、自分では受け入れたくない現実に向き合っていく姿に感動しました。

音楽では RADWIMPS の「MOUNTTAIN TOP」が好きです。
冒頭の歌詞を聞いて、「他の人の意見を取り入れる」だけではなく、
「自分はどう思うのか?」と問いかけて行動するようになりました。

TSCに入社を希望するあなたへのメッセージ

困ったことがあると、先輩はいつも親身に相談にのってくれます。やさしい人が多い会社ですので、安心してください。みなさんの入社を心待ちにしています。