新人育成

社員一人ひとりの「能力向上」に力をいれています。「指導」よりも、社員の能力を「引き出す」育成を行っています。

新人研修

新人社員は入社後に、外部機関での研修を受講します。研修では社会人としてのマナーや、開発の基礎を学びます。研修の後半では、自分たちで考えたアプリケーションをグループで制作し、その成果を発表します。

研修内容(実績)

期間

4月~6月(3ヶ月間)

内容(例)

  • ビジネスマナー
  • プログラミング基礎(基本的な技術の習得)
  • システム構築演習(システム構築の各段階の講義及び実習)
  • グループワーク(システム構築の実施)
  • 成果発表

OJT(On The Job Training)

新人社員および二年目の社員を対象に、配属先の先輩による技術アドバイスや、日々の状況確認・定期的な面談を行っています。

新人社員フォローアップ

新人研修中に定期的なグループ面談を行います。面談には人事担当者、開発担当者がそれぞれ参加し、内面的なフォローと、技術的なフォローの両面でサポートします。また、二年目社員が同席する機会もあり、同じ研修を受けた先輩からアドバイスを行います。

二年目社員フォローアップ

作業状況の定期的なヒアリングを行い、業務の習熟度や、これからの目標・課題を確認します。そして、それぞれの目標・課題に向き合っていくための「考え方」を中心にアドバイスしていきます。また、新人社員面談への参加を通じ、一年前の研修で「自分が体験したこと」「感じたこと」を伝え、後輩をフォローする意識を育てていきます。

新人・二年目発表会

新人社員および二年目社員を対象に、年に一度「新人・二年目発表会」を開催しています。新人社員は三ヶ月の新人研修の内容を、入社二年目の社員は自身が携わったプロジェクトについてをそれぞれ発表します。この発表会では、

  • 気づく
  • 考える
  • 伝える

に重点をおいています。発表会は、発表者からの一方向の発信になりますが、当社では先輩社員からの質問やアドバイスを行う時間を設け、双方向のやり取りになるよう心がけています。そしてこの発表会は、新人社員・ニ年目社員の気づきや学びだけでなく、先輩社員にとっての新たな気づきや、刺激の場にもなっています。

2019年発表会 参加者集合写真