社員インタビュー

K. S. 2009年入社 サブリーダ

学生時代はどんなことをやっていましたか?

工業系の学校だったので、ブレッドボードを使った回路の勉強や、
C言語によるネットワークプロラミング、携帯電話に使われる電波の研究
などをやっていました。その中でも、特に力を入れていたのは無線通信です。
実際に自分が作った無線で、南極の人と連絡を取り合ったりもしました。
部活はサッカー部で、けっこう真面目に取り組んでいましたよ。
どちらかと言えば、勉強よりも部活の方が好きでしたね(笑)
アルバイトはカラオケ屋、携帯電話のショップ店員などをしていました。

どうしてITエンジニアになろうと思ったのですか?

中学2年の時に、技術家庭科でパソコンを触る授業がありました。
その中で「タイピング競争」をやることになったのですが、
必死に取り組んでみたところ、「クラスで一位」を獲ることができました。
これがきっかけです。とっても単純です(笑)
中学を卒業する頃には、自分は将来コンピュータの
仕事に就くんだって意識してましたね。

どうしてTSCに入社しようと思ったのですか?

サンプラザ仙台で開催していた合同企業説明会に参加した時に、
ソフトウェア系の会社を一通りまわって説明を聞きました。
その時の対応で、「一番堂々としていた」のがTSCの社長だったのです。
何かすごく気になったのですよ。そして、その堂々とした雰囲気に惹かれ
入社試験を受けてみることにしました。そして緊張して迎えた試験当日、
試験を受けている最中にお菓子の差し入れが出てきたのには驚きましたね(笑)
その後面接を受け、入社することに決めました。
「アットホームな雰囲気の会社です」はよく使われる
フレーズと思いますが、TSCは本格的にアットホームでしたね(笑)

今はどのような業務に携わっていますか?

電力に関するシステム開発に携わっています。

業務ではどんなところが大変ですか?

規模の大きなシステム開発に携わっているため、
自分が担当する機能と、他の機能とのバランスを見るところが大変です。
また、開発当初から携わっていることもあり、メンテナンスや保守も行っています。
そこでは、お客様に対し修正点や課題を説明したりするのですが、
わかりやすく説明するスキルが必要です。何より責任を伴うところが大変です。

どんなことにやりがいや達成感を感じますか?

問題点や不具合を修正し、期待どおりの動作を確認できたときです。
昔の話になりますが、自分のチームで作っていた製品に不具合があり、
お客様に「厳しいお言葉」をいただいたことがありました。
そこで、チームメンバで一ヶ月の間あーでもないこーでもないと
試行錯誤を繰り返し、ついにお客様に満足していただける
システムを提供することができました。

そして、一ヶ月前に厳しいお言葉をいただいたお客さまからひとこと

「ありがとう」

と言っていただいたときは、本当に涙が出そうになりました。

仕事に関して自分の「こだわり」があることを教えてください

1つ目は明るく楽しくやることです。
そのためにも、自分から積極的に
コミュニケーションを取るようにしています。
2つ目は「報・連・相」を怠らないことです。
たとえどんな小さなことであっても、
気になった点はリーダーに報告するようにしています。
小さな気づきが、大きな問題につながることもありますので、
自分の中で抱え込まないこと、
気づかないふりをしないことが大切だと思っています。

今、興味を持っていることは何ですか?

お客さまに、どういう機器を導入したら良いかなどのコンサルティングを行う、
SI(システムインテグレーション)に興味があります。
そこには開発スキルとはまた違った、システムを一から導入するためのスキル、
お客様と話すスキルが必要になると思いますので、今後挑戦してみたいです。

入社当時と今で、自分が変わったと感じるのはどんなところですか?

オールができなくなりました(笑)
もう若くはないんですかね。というのは置いておき、
やはり「考える力が身に付いた」というのが大きいですね。
新人の頃はただがむしゃらにやっていましたが、
最近は考えて行動できるようになってきたことを実感しています。

休日はどのように過ごしていますか?

社会人サッカーチームに入っており、割と本格的に「サッカー」を
やっています。あとは、マイカーでドライブに出かけるのが好きですね。

心を動かされた本や映画、音楽について教えてください

劇団四季を鑑賞し、これはスゴイなと思いました。
小さいころはよく家族で観に行っていたのですが、
大人になって、改めてその完成度の高さに感動しました。
映画は「海猿(うみざる)」で泣きましたね。中村トオルがかっこいい!
音楽は、高校生の頃からロックフェスに参加しています。
ロックフェスは自分のライフスタイルに組み込まれていますね。

TSCに入社を希望するあなたへのメッセージ

ITエンジニアは大変なことも多いですが、やりがいのある仕事です。探求心がある人はTSCを選択肢の一つに入れてください!